コストコ日用品の種類・価格

家中これ1本?!コストコで買える住宅用洗剤、全5種類

コストコで掃除用品を買う方は多いですよね。

特にオキシクリーンやハウスホールドワイプは有名です。最近は円高傾向にあり、一時期よりも安くなってきていますよ。

 

今回はコストコで買える住宅用洗剤をチェックしてきました。

日本では多い”中性洗剤”はアメリカではほとんど売られていないそうです。

なのでコストコで売られていた住宅用洗剤も、アルカリ性、酸性のどちらかでした。

肌の弱い私は「こりゃゴム手袋必須だな」と思いながらも、巨大な掃除用洗剤に胸を馳せるのでした…。(ぜ〜んぶ、使ってみたいなぁ)

 

(2018.5月時点)

コストコで買えるマルチクリーナー・住宅用洗剤まとめ

パインソル マルチ クリーナー

コストコ価格→1,158円

基本的な使い方としては水1ℓに対し、このパインソルマルチクリーナーを16ml入れて使うそうです。全部で5.17ℓも入っているので、一体どれだけ持つのでしょう!!

一生使いきれないんじゃ…というほど入っています^^;

弱アルカリ性で、家中どこにでも使える洗剤と書かれています。

 

Amazonでも評判がいいので気になります。Amazonだと828mlとか、1410ml入りも売っていましたよ。(でもコストコの方が、大きいのに安い)

本場アメリカではレモン以外の香りも発売されているようです。カラフルでジュースみたいですね〜!

オキシクリーン

コストコ価格⇒2,098円

コストコの超人気商品、オキシクリーン!個人的にもコストコのお掃除用品で、1番好きな洗剤です。

オキシクリーンの主成分は過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)。日本でも過炭酸ナトリウムを主成分にした”オキシクリーンもどき”や、過炭酸ナトリウムそのものが売られていたりします。

ですが「コストコのオキシクリーンが1番良く落ちる!」と言われる所以は、オキシクリーンに入っている、青色のツブツブにあり。

これは何を隠そう、界面活性剤なのです。(オキシクリーンには、炭酸ソーダも入っており、その点も市販の酸素系漂白剤とは違うところです)

界面活性剤というと「なんだか良く無さそう…」というイメージを持つ方もいると思いますが、界面活性剤は、本来は混ざり合わない「水と油」をなじませてくれる存在。

油汚れのスキマに入り込み、過炭酸ナトリウムを汚れの隅々まで行き渡らせてくれるのが界面活性剤の役割なのです。

なので”過炭酸ナトリウムそのもの”だけを使ったときより、より早く、より効果的に汚れを落としてくれますよ^^

 

今までコストコ以外のオキシクリーンを使っていた方は、コストコのオキシクリーンの漂白効果に驚くかもしれませんね。

オキシクリーン(過酸化ナトリウム)を保存するときの注意点

  • 密封状態が長すぎると、爆発の可能性がある → 密封容器に入れっぱなしにしない
  • 水分が加わると過酸化水素が放出され、掃除効果が落ちる → 湿気の多い場所に置かない

KS ハウスホールドワイプ

コストコ価格→1,398円

コストコのプライベートブランド(PB)、カークランドシグネチャーのクリーナーシートも人気ですよね。

以前は円柱型でしたが、今はお尻拭きのような形の入れ物に入っています。1枚1枚が取り出しやすく、使いやすくなりました。

 

こちらはウェットタイプの、住宅用クリーナーシート。シートが大判で、フロアワイパーに取り付けて使うこともできますよ。(フロアワイパー本体も、コストコで売ってくれたらいいのになぁ)

1枚あたり4.5円ですし、香りが2種類入っているので気分によって使い分けできるのもいいですね。

  • フレッシュエアーの香り 80枚×2
  • レモンの香り 72枚×2

 

商品説明欄にpHは書かれていないのですが、パッケージ前面にアルカリ性成分の配合パーセンテージが書かれていました。

なのでアルカリ性ですね。

フローリングに付いた手垢や、キッチンの油汚れに力を発揮してくれそうです。

オレンジクリーン

コストコ価格→1,138円(去年比60円↑)

オレンジクリーンも評判の高いコストコアイテムの一つです。

1番のポイントは、オレンジオイル配合というところ。オレンジオイルの主成分はd-リモネンという、レモンやオレンジなど柑橘類の皮から抽出されるオイルです。

オレンジオイルには親油性があり、油となじんで油汚れを落としてくれます。ちょうど、メイクをオイルクレンジングで落とすような感覚です。

 

気をつけるべきは、リモネンにはプラスチックを溶かす力があるという点。(発泡スチロールをリサイクル際、リモネンを使って溶かしていたりします)

なのでオレンジクリーンの注意書きにも書いてありますが、柔らかいプラスチックには使用しないようにしましょう。

 

マルチパーパスクリーナーと書かれており、家中どこにでも使えるような感じがしますが、実は弱酸性

酸性洗剤はアルカリ性の汚れ(石鹸カスや尿)に効果を発揮するので、お風呂やトイレでも活躍してくれそうなクリーナーですね。

  • オレンジオイルの親油性の力で、ガスコンロや換気扇の油汚れを
  • 酸性の力で、お風呂の石鹸カスやトイレの尿石を

 

と、かなり万能選手かも?

セールになったら買ってみたい商品No.1です。

H2O 超電水アクアクリーン pH12.5

コストコ価格⇒1,028円

日本で今流行りの?アルカリ電解水です。

私も、楽天市場で似たようなものを買って使っているのですが、手肌に優しいイメージだけど実はアルカリが強い(この商品はpH12.5!)でゴム手袋必須です。

  • 界面活性不使用
  • 二度拭き不要

 

だそうです。

コストコっぽさはないけど、普段から使っている人はいいかもしれません。スプレーボトルに入っているので、詰め替える手間もありません。

まとめ

この中で1番のオススメは、やっぱりオキシクリーン!

クエン酸にも、重曹にも、セスキにも出来ないことができるのがオキシクリーンです。代わりがきかない洗剤とでもいいましょうか。。

やっぱり皆さん、買い物カートに入れていますね。

 

それと、コストコで1回だけ見つけて、1つ98円と激安だったこのお風呂クリーナー。

すごく良いのでまた買いたいのですが、あれ以来全然見かけない…。ネットや薬局でも買えるのですが、200円はするのでコストコではかなりのお買い得だったみたい。

もしまた見つけたら、10本まとめ買いしたいな〜